Colt M16A3/M203 GRENADE(marui M16A2/サンプロジェクトM203)

 
 

M16A2フラットトップマウントバージョンと言われるコルト独自のバリエーションで、フラットトップマウントの実用性が評価され、フルサイズのM16A2にもテスト採用されている段階のGUNである。もちろん市販はされていないのだが、M16A2のフレームとM4A1 R.I.Sのトップレシーバを併せてこのモデルを実現した。要は二個イチ、GUN界のシルエイティである。レシーバだけ色が変わってしまったが個人的に気に入っている。レシーバーの刻印がM4A1となってしまったのが悔しい。バレルの長さも手伝ってよく飛びよく当たる。障害物の多いフィールドではメインウエポンとして活躍中。玄人にしかわからない改造が気に入っている。M203を接続し、グレネーダー仕様にしている。近接、遠距離とオールマイティに活躍できる銃であるが、重くなってしまったので機動力にかける。キャリングハンドルが取り外し可能なため、アンブッシュ仕様の場合はキャリングハンドルにハッコーのスコープを装備。普段はドットサイトを装備。バレルマウントでライトも使用可能。つける場所は無いが、バイポットが欲しいこの頃。バースト回路を内蔵したときはM16A4に変化する、とてもマニアックな仕様となっている。

□装備品
ファースト ハードアウターバレル
ハッコー 3-9×40スコープ
タスコ ハイマウントベース
S2S エクストリームライト / リモートコード付
TACSTAR バレルマウントリング / UBM-4
KM企画 M4A1タクティカルスリング
サンプロジェクト M203 グレネードランチャー
北斗商事 ユニバーサルマウントベース M16用
S2S グリーンスナイパー1×35
マルイ M4A1用タクティカルサイドスリングアダプター
オリジナル PIC仕様バースト回路

□データ
全長 999mm
重量 4340g



 
 

■ Colt M4A1 COMMAND(marui M4A1 R.IS)

 
 

電動を新しいのに変えようと思い買ったGUN。一番取り回しがよく重宝している。もともとM4A1 R.I.Sであるが、BHDタイプの基部一体型のアウターバレルで先端だけカービン可している。インナーバレルは、電動ガンのメカボックスと一番相性が良いと言われている、Mc51用285mmのTNバレルを装備。TNバレルと基部一体のアウターバレルの効果で、カービン可したことにより命中精度が落ちることがない。実はM4A1 R.I.Sより命中精度は確実に上がっている現在のメインアームである。SR-16の固定ストックを流用し、ラージバッテリーを搭載。キャリングハンドルに北斗商事のユニバーサルマウントをつけグリーンスナイパーを装備、ハイマウントからのサイティングを可能にしている。バレルマウントにより、ライトを装備し夜戦でも活躍できる仕様である。M4A1用のタクティカルサイドスリングアダプターを装備し、CQBも視野に入れている。SRライフルでは無いのでネーミングに困ったがコマンドタイプで落ち着いた。実用性を求めるために、黒い部分のハンドガードとストックをOD色にし、某S社AR仕様に。自作MINIMItypeの電動巻き上げBOXマガジン使用時には卑怯と呼ばれるようになる。

□装備品
東京マルイ SR-16固定ストック
S2S グリーンスナイパー1×35
北斗商事 ユニバーサルマウントベース M16用
laylax Delta Sling Type1 & Quick Release Option
PDI/PMS M4A1用アウターバレル/BHDタイプ
KM企画 TNバレル/285mm/Mc51用
マルイ M4A1用タクティカルサイドスリングアダプター

□データ
全長 770mm
重量 2800g



 
 

■ S&W M945 (KSC M945 SILVER Finish)

 
 

S&W初の.45口径コンバットオートピストル。といっても製作したのはS&Wのカスタム部門であるパフォーマンスセンター。このM945はS&Wの雰囲気を感じさせながらガバメントの特徴を取り入れている。いわばS&Wがガバメントをコピーした異様ともとれる渾身の一揆。スライドのスケイルドタイプの滑り止め、通称”ウロコ”が非常に印象的なデザインだ。一番驚くのはドリガープル、今作品ではトリガーに焼結金属を使用し一段とトリガープルの切れ味に磨きがかかっている。トリガー、セーフティなどはガバメントそのまんま、やや縦方向に長くなっている感じで、非常にスリムである。レーザーでの刻印など外見は、実銃そのものでとてもスタイリッシュな仕上がりだ。マガジンの装弾数が15発と頼りないところで、実戦においては不利なところ。可変HOPが強すぎで、0.2gBB弾だと浮きすぎてしまうので、HOPUPチャンバー周りの加工が必要になる。ここ5年間ぐらいで最高のGUNらしい、現在メインウエポン。スライド裏の一部に色々パーツが接触し一部が削られてしまうので、スライド裏の研磨をしないと滑らかな動きにならないので、スライドの裏はメッキが削れるぐらい研磨しよう。

□装備品
KM企画 M945用TNバレル
FIREFLY ベアリング付きリコイルスプリングガイド

□データ
全長 220mm
重量 759g


 
 

■ H&K Mk23 SOCOM PISTOL(marui SOCOM Mk23)

 
 

米軍特殊部隊、強襲用GUN。もともとKSCのSOCOMは持っているのだが、冬場の安定性と固定ガスの安定性に引かれ購入。グルーピングは80mm〜90mm、可変ホップ搭載、サイレンサーLAMハードケースとセット販売されていて、サイレンサーの性能がスバ抜けてよい感じだ。ほとんど音が聞こえない、自分でもわからなくなってしまう。付属のLAMは足元を照らす程度なので思い切ってライラクスのアンダーマウントを装備。20mmのアンダーレールに対応している。アンダーマウントのせいでフロントヘビーになってしまったが、現在夜のメインウエポン。デカイ。最近SOCOMを他でよく見るようになったので差別化するためにスライドをガンメタリックに塗装。HKらしく赤い墨を入れオリジナルのアルミ削りだしサイレンサーを装備し隠密行動モデルに変化。重い。最近ではトレーサーを付け夜戦に活躍中。

□装備品
KM企画 東京マルイ M92F用TNバレル
KM企画 ピストンヘッド
laylax  SOCOM用アンダーマウント
G&P M3フラッシュライト
自作 アルミサイレンサー02号
マルイ フルオートオレーサー
laylax SOCOM用サイレンサーアタッチメント

□データ
全長 245mm
重量 1100g


 
 

■ BERETTA M92/M9(marui M92F ミリタリーモデル)

 
 

最高の作動性能と、驚きのコストパフォーマンス、yahooで適当に購入。KM企画の内径6,04mmの超精密M92F用TNバレルを装備、テフロンニッケルコーティング仕上げで、クオリティーも高い。初速の向上、命中精度の向上を図っている。ホーググリップを装備しタクティカルなクリップに仕上げ、軽量なTMスライドで完璧。本当はアルミスライドがほしかった。G&Gのアンダーレールを装備し、M3風フラッシュライトを装備し、現在すべてのフィールドでのサブウエポンとして活躍中。しかしサブなゆえ表の光には当たらない。汎用性が高いため自慢もできない。最近どうでもよくなってきたGUN、サヨナラは近いか?完全にゲスト用GUN

□装備品
KM企画 東京マルイ M92F用TNバレル
KM企画 ピストンヘッド
東京マルイ タクティカルマスター用スライド
東京マルイ ホーググリップ
G&P M9用アンダーレイルマウント
G&P M3フラッシュライト

□データ
全長 217mm
重量 865g


 
 

■ S&WM29 Custom(TANAKA Umbrella MAGNUM REVOLVER)

 
 

ゲームメーカのカプコンとタナカワークスのバイオハザード0のコラボレーション限定モデル、仮想GUNなのだがカプコンによる詳細な設定使用を元に、タナカが作り上げた渾身の一作。限定の転売を目的として購入してしまったのは秘密。シリンダーにはタナカお得意のペガサスシステムを採用してあり、ガスの放出効率が非常に安定している。6inchのバレルとも手伝って弾道はとても素直だ。780gながらアウターバレルとグリップがABS製なのであまり重いと言う印象は受けないが、迫力に欠けるのでグリップは木製グリップにしたいと感じてしまう。とは言ってみたが結構デカイので実戦に投入するには人を選ぶと思う。以外にしっかり作られていないような、いるような。。。不思議な感じがするGUNである。

□装備品
なし

□データ
全長 294mm
重量 780g


 
 

■ BENELLI M3 SUPER 90(marui TYPE M3 SUPER90)

 
 

冬場の安定性とインドアでの後方支援、長さと命中率、理想的な形に引かれ購入。ホントはインドアで他人がショットガンを使っていて、あこがれて購入。ショーティと違ってアンブッシュでは長いので扱いにくい。ステアーAUGの330多連マガジンを装備しハードなラビットファイアにも耐えうる装備になっている。左手が持つかはわからない。シェアファイアーを装備、リモートスイッチをハンドグリップの位置に固定し、接近戦での戦闘も視野に入れている。リモートスイッチは結構デカくて押しにくいので、純正の薄いのが欲しい。命中率&飛距離がすばらしいのでスコープをのせるという手も考えている。インドアメインの予定なのでフロントを150mm切り落としCQB仕様にしている。切っても結構長い。当たると非常に痛いので人から嫌がられるNO.1の銃。飽きたので冬眠中。

□装備品
M3用ステアーAUG330多連装マガジン改
シェアファイアー 6Pオリジナル
TACSTAR バレルマウントリング / UBM-4
MIL-TECH リモートスイッチ

□データ
全長 880mm
重量 2500g


 
  ■ R/M EQUIPMENT M203PI (marui TACTICAL LAUNCHER)

 
 

マルイのタクティカルランチャー。基本は3シリンダー3バレルの3発同時発射のショットガン。シリーズ最小、最軽量なのでものすごく取り回しが良い。3レールもついているので、拡張性も問題なし。このショットガン実はM3と比べてものすごく威力がない。M3の半分ぐらいかもしれない、15mで150mm以上とショットガン並にバラけてくれるので全然当たらない。コッキングはものすごく重く、非常に手がしびれる。多連のマガジンもつけることが出来ないので非常に苦しいところだ。ストックは伸縮自在だが位置が悪くまったく使い物にならない。すごく評価が低いようだが、自分はこの飛ばない、当たらない、疲れる、こういった物が大好きで、使っていてとても充実感に包まれる。不思議な魅力に惹かれており、現在も愛用している。勝つための銃を望む人はやめておいたほうがいいだろう。とても過程が楽しめるので個人的にすごい楽しい。一番好きな銃かも。キャリハンを付けてラジカセのように担ぐのがいま一番熱い仕様、フィリップアップリアサイトをフロントサイトにしキャリングハンドルで照準を絞る。マガジンウォーマーが渋滞しているときのメインウエポン。某siva君とのTLブラザーアタックが最高だったりする。別名ラジカセランチャー。

□装備品
G&P M3フラッシュライト
タスコ Red Dot/BKRD-42
マルイ M4用キャリングハンドル
北斗商事 ユニバーサルマウントベース
マルイ フィリップアップリアサイト

□データ
全長 480mm
重量 1570g


 
  FA-MAS 5.56F1(引退アサルトライフル)

 

一番初めに買った銃。ハイポットもついており森などで結構活躍する。ただマウント部分が高いので以外に光学兵器は使いにくい。初速60〜70と粋のいいヘタレぐらいを見せており、ゲスト用銃として活躍中。この前計測したら初速度34。現役引退決定。yahooにて売却。

□装備品
マルイ FA-MAS用スリング


  サンプロジェクト M203グレネードランチャー A2用

 
 

サンプロジェクトのM203タイプグレネードランチャー。マルイモデルとちがって、40mm弾によって色々用途が変えられる。有名なのはモスカートを組み込むタイプ。前方にアングスのインナーバレルを組み込むことによって、飛距離を伸ばすことも出来る。しかし、非常に重い。カーとを入れるとバランスが狂い、フロントヘビーになりすぎる。首周りにもダメージを与えやすいので、首周りの強化は必ず行うことが必要になる。A2用はハンドガードが付属する。レール用も発売されているので、RISなんかにも接続可能。激しく重い飾り。


 
  ハドソン チェックメイト

 
 

焦電型赤外線対人センサー。0m〜60mの実用検知距離内で昼夜を問わず見えない敵を検知する。25mmのマウントリングでマウント可能。屋外用。非常に使い方が難しい、後ろにセンサーダイヤルがついており、温度に反応すると3種類の色のLEDで判断できる。光などの体温と同じぐらいの温度にも反応してしまうので、信頼しきっていると痛い目にあう。実際のところ夜戦以外では、使いどころはないのではないかと思えるぐらいの感度。


 
  ハッコー 3-9×40 スコープ

 
 

ハッコーの3-9×40のスコープ。平均7000円という破格の割にはすごい使えるスコープ。安いスコープは暗いという定説があるが、これは以外に明るくいままで使ってみて暗いと感じたことは一度もない。実際の話、3倍以外つかったことは無いのでなんともいえないが、レクティルなどにこだわりがなければ、このスコープをオススメする。一応フィルタが付属するがあんまり意味がないので大事にする人はバトラーキャップを買おう。マウントも付属しない。


 
  S2S グリーンスナイパー ドットサイト

 
 

S2Sのスナイパーシリーズ、ドットサイトはレンズのところが反射して真っ赤に見えたり、中のLEDが外から光って見えたりと、以外に目立つことが多い。このS2S社のグリーンスナイパーはレンズ部分のコーティングがグリーンで出来ており、ちょっとばかり草むらなどで役に立つ。ドットレクティルは一種類だが、明るさと大きさが11×4段階変える事ができるので、大変便利だ。値段もそこそこなので、オススメのドットサイト。内径35mm。サンフード付き。


 
 

tasco Red Dot/BKRD-42 ドットサイト

 
 

天下のtascoのドットサイト。外形42mm内径40mmと、とても大きいサイズで見やすい。ドットレクティルは一種類で11段階の調整が可能。マウント一体型なのでマウントリングなど不要でそのままダイレクトにレールなどに装着できる。42mmととても大きいのでサイティングがとても俊敏に行える、アタッカーやインドア向き。フードがついていないので太陽光などで反射してしまい目立つこともある。それなりに価格もお手ごろなのでオススメ。


 
  marui プロスコープM16用 4×20

 
 

マルイ純正のM16用4×20のスコープ。とても見にくく、非常に使いにくい。M16A2などの旧型のキャリングハンドルには問題なく装着できるが、新型のM4、SR-16などのキャリングハンドルに付けると後ろの部分が当たってしまい、ピントがまったく合わなくなる。バトラーキャップも付属しているが、後ろのキャップをつけるとこれまたピントのダイヤルが回せなくなる。純正を好む人向けである。yahooにて売却。


 
  トイボックスバースト BBローダー MACH

 
 

クイッくん社外製のマルイ用ハンドガンアタッチメント。マルイの純正のアタッチメントはとても給弾しにくく、かつマガジンの頭の黒いプラスチックが削れてしまい、マガジンが使い物にならなくなりやすい。このアタッチメントを改良したのが、BBローダーMACHである。とても給弾しやすく、マルイのマガジンには必須アイテムである。黒い部分だけなので接着剤などで固定してやるのが必要。


 
  ビックモデル クイッくん

 
 

電動給弾機。4っのアタッチメントが付属しており、各メーカーに対応している。上からグイっとおすと自動でBB弾を給弾してくれる。ローダーを使わないで済むのは画期的だ。大きさはM16マガジン3つ分で、M16のマガジンホルダーにきちっと収まるサイズになっている。前期型は単3電池を使い350発しかはいらないが、最近出た新型は単4電池を使用し750発の弾丸の給弾が可能になっている。


 

TOPページへ