M-16用 多弾装マガジン 自作式


事の始まりは、金が無いので作ろうかな〜とか勝手に思っただけでした。

BOXマガジンどんな形にしますかね?
台形系?MINIMI系?バナナ系?
材料は強度欲しいから鉄かなぁ

MINIMIよさげ。
材質はアルミがイイと思いますよ。
加工は楽だし、軽いので。
鉄材でもいいと思うけどすごい薄くないと曲げられない、重たい
で大変。
1t(厚さ1mm)とかの材料でもマガジンサイズになったら
結構重そう。マガジンキャッチが逝きそうですな。
本職が設計屋のシブくんに図面お願いしましょうか。

というわけで、図面を適当に作ってみることになりました。





候補は3つでかっこいいのは一番上ってことで、採用は一番上です。



内部構造は
赤い枠に多弾マガジンを固定、 マガジン横に穴を開けて、緑の板で斜めにBB弾を転がし黄色の穴からマガジンに給弾します。
当然下のスペースが余ってしまうので、電動巻上げを予定していますがどうすか?
右のスペースは左と同じ構造にします、 右にも緑の斜めの板を配置し、 マガジンの反対側にも穴をあけてBB弾を転がして給弾 つまり左右から給弾します

駆動系はタミヤのテクニクラフトシリーズ6速ギアボックスHEを予定してます。
260モーターだと1:25ぐらいの比率が無いとトルクが足らないと思われるのし、 遊星ギアボックスだと構造がでかくなりそうなので。。。
マガジンのでかいギアのシャフトに固定すればそのまま使える。。。はず

というわけで寸法の測定をします。



ちと見えなくなりましたね。。。
寸法知りたい人はメールでもBBSにでも書き込んでくださいまし


次は多弾装マガジンの分解です。

左側の六角ネジをはずします。


横の小さなつもみを押しながら、引っ張り出します。

タミヤのテクニクラフトシリーズ6速ギアボックスHEの組み立てです。
これはプラモなので余裕でしょう。
芋ネジなどが無くしやすいので注意が必要かと思われます。

さて電圧は単3電池を2本使って3Vを予定しています、ギヤを巻き上げるのにある程度のトルクは必要かと思われるので、まずは29.8:1のギヤ構成を使うことにしました。
回転数は338rpmでトルクは415g・cmです。

やってみないとなんともいえないので。。。
ギヤはあとで変えられるしね


というわけで、どうやってギヤを回そうか思考中です。。。

よくHPで見かける錘の部分にモーターをつけると、絶対ギヤが逝きそうなので、できれば左下のぜんまいを直接回す方法を考えなければなりません。
すぐ壊れても良いなら錘のところに直接モーターですけど。。。

参考に
Electric GUN
Kiss in The DARK


で、なるべくシンプルな仕組みにしたいと思い。スペーサーをかますことにしました。
それは

PCケースやマザーボードに使われるスペーサーです。



ぴったりなんです。。。
われながらビックリです。


タミヤのテクニクラフトシリーズ6速ギアボックスHEと連結しました。
こんな簡単でいいのか?と思えるぐらい簡単に連結できました。
快調に回っております。

あとはケース作りです。
とりあえずベータverを作ろうと思います。


ひらめきました、これです。。。


そうです。M249ミニミプラスチックマガジンです。
沖縄ミリカジ屋から装備品と一緒に通販しました。¥1200


01の形にカットします。

続いてマガジンのカットです。

スチールでできているので、結構めんどうかもしれません。。。

えー

ワイヤーカッターです。。。(笑


うぃぃん


強度が落ちてしまうといけないので、スポット溶接をします(笑)


プラスチックと固定するために、左右に5mmと2mmのネジ穴を作ります。完璧。。。



軽く組んでみました、内部構造はぜんぜん手をつけていません。

内部は見えやすいように透明プラ板を使おうと思います。

サイズと同じにプラ板をカットして調整します。
横にビスなどで留められるとよい感じに仕上がります。


ギヤの上に2つのビス止め穴が開いているので、そこを利用します。
ビックリしますが、ぴったりなんです。。。


スイッチは大型の物を採用しました。
それなりに動いたりするので強度的にも大きいものが良いと思われます。
押しボタンが良かったのですが、在庫がなかったので。。。
電池ボックスは1.5vでも十分トルクが稼げて、稼動するので単3電池一本です。


完成です。
あとは上のふたを作り、下に電池切れのLEDをつけようと思います。
順調に回っております。うぃぃん、カリカリカリ


・総評
モーターとマガジンをもっと固定できれば9Vぐらいのハイスピードのものができるかもしれません。 予算的にもかなり安く仕上げられたので、結構オススメの自作アイテムとなって自画自賛です。 一番苦労したのは、モータの固定位置です。なかなかスペーサーの組み合わせがうまくいかず、スムースにいかなかったんですが、結果給弾にそんなハイスピードを求めていないので良しとしましょう。プラカッターは必須アイテムとなりました、できれば家庭用のドリルがあると便利ですが。。。まぁマガジンの加工が一番めんどくさいかもしれません(結構硬い)。今度はアルミケースで作ってみます。

・仕様
総弾数 約3000初
パワーソース 単三乾電池×1 1.5v
トルクg.cm 415/2
回転数rpm 約338/2

・予算
M16用多弾装マガジン×1 定価3800円 実売価格2660円
タミヤ 6速ギヤボックスHE 定価1000円 実売価格800円
US MINIMI用プラスチックマガジン 1200円
プラ板 1000円ぐらい
スイッチ、電池ボックス、LED、その他 約1000円

合計 約5000円ぐらい?

実践で投入してみました。
えぇ

問題発生
ギヤが最後まで巻き上がりません!
1.5vだとトルクもクソもないようです。。。
3Vにしてもだめなので一気に6Vにしてみました
うぃぃぃぃ。。。。

ぎりぎり巻き上がりますが。。。
どうもしっくりきません
モーターにも負担が大きいようです

ギヤ比を変えました
パワーソース 単三乾電池×2 3.0v
トルクg.cm 2400
回転数rpm 68

余裕です。
ぜんぜん余裕です

巻き上がりが遅いです
前は0.5sぐらいで巻き上がっていたのですが
5sぐらいかかります
まぁ
良しとしましょう
どうせ隠密行動とかしないし。。。(^^;

結論
トルクは最低でも3V仕様の時には1500は必要です。
たぶん。。。
ギヤが頑丈なのでモーターを別個買って角型9Vって手も良いですね。


現在進行中 つづく。。。 かも


TOPページへ